BLOG

私のもう一つの顔。

インターネットラジオパーソナリティ。


まぐわい極め道
という、かなり強烈な番組のパーソナリティを務めています。
 
まぐわいとは
愛のあるセックスのこと。

愛のないセックスしか体験していないと
自分も相手も傷つけてしまう。
 
パートナーとの関係もおかしくなってしまう。


そんなことを社会的テーマを
言論制限無しで語り合う番組です。
 

そんな番組をやると決めたのは
いまの子供たちへ
愛のあるセックスの大切さを
伝えたいという思いがあるからなのです。
 
その思いを仲間と会うたびに語り合った2年近く前。
 
夢が形になる日が突然やってきました。


とある公立中学校の授業の時間で
私たちがパートナーシップとセックスの大切さを話しても良い場をいただけたのです。

番組を始めて一年半。

まさか、こんなに早くその日が迎えられるとは…。

 
夢は手放したときに叶う。
 
これが本当なのだと

改めて実感した一日でした。


これを読んでくださったあなたの夢が

どうか一日も早く叶いますように。


情熱的に、あるがままを体感しながら、愛と笑いに溢れた社会を創造している

ありのままイズムの提唱者La Forceです。

 

みなさんは数秘というものをご存知でしょうか?


数字に意味があり

数字にエネルギーがあり

そのエネルギーを生年月日や氏名などから読み解くことができる数秘。


1 始まり

2 協調

3 バランス

4 安定

5 変化

6 平和

7 探求

8 豊かさ

9 まとめ


数字の意味やエネルギー


流れ(進化)も数字で読み解けるのです。


1 種まき

2 土の中での成長

3 発芽

4 茎となる成長

5 葉をつける

6 花を咲かせる

7 実に変わる

8 収穫

9 熟れ切って土に戻る



こんな流れ(進化)は

人生や日常においても繰り返されているのです。


このようなサイクルを

時の流れとして読み解くこともできるのが数秘。


La Force流の数秘は

少々変わったリーディングです。


数秘を単なる数字の意味として捉えるのではなく

エネルギーとして捉え

全体的に総括して観ることを大切にしているリーディングです。



例えとして


1 醤油

2 人参

3 じゃがいも

4 砂糖

5 お酢


数字にこんな意味があったとします(例えばですよ?笑)


あなたの生年月日に


1 と 2 の要素があったとします。


すると一般的には

「あなたは醤油と人参でできている人ですね。」

という表現になりがちです。


ですがLa Forceは

醤油と人参だけではなく

そこに

生年月日の中に少々含まれている数字

例えば5があったとして


1と2がメインとなる5の含まれた人


あなたは和風味の人参ピクルスさんですね。


なんて表現になるのです。


もし、これが1(醤油)の要素がとても強い(2と5を含む)人だったら

人参の醤油漬けさん


2(人参)の要素がとても強い(1と5を含む)人だったら

和風ドレッシング味の人参サラダさん


という表現になるのです。


これらは

エネルギー(数字の持っている感覚的割合)による表現となっているのですが

実はある感覚(体感的感覚)さえつかむことができたら
数秘をエネルギーとして扱うことが
誰だってできるのです。


そのためには

数字のエネルギーと体感で仲良くなることが大切


これがLa Force数秘の真骨頂です。



その奥義をあますところなく伝えることを決めた夏至の夜。


その決めた理由は


カリスマが

たくさんの人を救う時代は終わりを迎え


これからの時代は

一人一人が隠れていた才能を発揮し

自分で自分の人生に責任を持つ時代に突入したからです。


私1人がわかっていても仕方ない

この数秘のエネルギーリーディングの手法を

1人でも多くの人に体得してもらいたいと思ったのです。


ですが普通の数秘講座と違い

ワークが絡んでいます。

なので

数秘という技法を学びながら

自己啓発・自己成長を促している

とてもパワフルで

明るい数秘という名を借りた

自己開発ツールと言っても過言ではありません。


そこまでやらないと

数字と単なる意味と形に捉えて

エネルギーとして理解しにくいからです。



この講座を進めていくうちに


自分を深く知るだけではなく

大切な人や

仲間や友達もリーディングしてあげることができ


より素敵で多様性のある社会を認めることができることが

自然とできるようになるのです。


また


数秘を通して

自己を見つめ

認めて、愛することができるため


エネルギー(氣)に敏感になり

逆境にも準備ができ強くなれます。


そうなることで

今までは認めることが難しかった

他者の個性を認めて

かつ

愛することができるのです。

 


そんなLa Forceが新しく再開した特別記念の数秘講座のご案内です。

自分の人生に自分で答えを出す数秘講座


こんな人に受けてもらいたい


□自分のまだ見ぬ可能性に出会いたい(知りたい)

□大切な人の可能性を知りたい

□自分の人生の青写真を知りたい

□自分の使命を生きてみたい

□好き嫌いがあっても人間関係を円滑にしたい

□自分の人生のサイクルを把握したい

□なかなか受け入れられない自分を認め愛したい

□自分の嫌いなところを受け止めたい

□人生のテーマをうまく乗りこなしたい

□自己成長をしたい

□ピンとくる数秘を体得したい

□エネルギーを知りたい(感じたい)

□自分も占いをやってみたい




こんな風に変わります


□自分の可能性を見出せる

□大切な人と仲良くなれる

□自分の人生を楽に受け止められる

□自分の命の使い方を決める指針が見える

□人間関係がスムーズになる

□自分のバイオリズムが読める

□自己肯定感が高まる

□自己受容ができる

□自分のやりたいことが見える

□自己成長を促せる

□数秘を体得できる

□氣を感じやすくなる

□数秘占いができるようになる



自分の人生に自分で答えを出す数秘講座内容


第一回講座

1 数秘の概要と各数字のエネルギーと意味(3時間)


第二回講座

2 エネルギー数秘体得ワーク(3時間)

  自分の個性を知るワーク

  深層・表層を知るワーク

  あなたが持ちやすい思い込みをとるワーク


第三回講座

3 魂レベルで数秘を体得するワーク(3時間)

  人生の青写真(使命)を知るワーク

  人生の課題を乗り越えるテーマを考えるワーク

  他人の目を排除するワーク


第四回講座

4 時間サイクルエネルギーを読み解く(2時間)

  人生のサイクルを準備し待ち受けるワーク

5 総括(1時間)



自分の人生に自分で答えを出す数秘講座受講料金

 全4回 総時間12時間 12万円

のところを



□夏至エネルギー特別限定受講金額□


12万円

8万円


【特典】
1 全4回受講していただき後、半永久的に数秘に関しての質疑や再受講を1回60分・5千円という低価格で補習できます。(通常は1時間1万円)


2 受講終了後、受講者コミュニティ(SNS)に加入いただけ、そのコミュニティでイベントや情報共有など仲間を募ることもできます。




夏至エネルギー特別限定に間に合わない人にも朗報です!



6月30日までにお申し込みいただいた方に特典として

1 講座料金12万円を分割払いも可能とします。(ただし、6月30日起算とした最高4回まで)


2 全4回受講していただき後、半永久的に数秘に関しての質疑や再受講を1回60分・5千円という低価格で補習できます。(通常は1時間1万円)


3 受講終了後、受講者コミュニティ(SNS)に加入いただけ、そのコミュニティでイベントや情報共有など仲間を募ることもできます。



受講において

・今回特別バージョンの数秘講座ですので次回募集は現在企画していません。


・受講は完全予約制です。対面受講、及びZOOMでの動画受講も可能です。


・1回の講座時間は3時間です。効率的に体得していただくために最低月に一回受講していただきます。(受講は7月1日から受け付けます)


・働いている方や忙しい方にも受けていただけるように夜間受講(19時から21時)も可能とします。ご相談ください。


・対面受講と動画受講の組み合わせでも対応します。


・最高3人まで同時受講は可能ですので、団体で受講していただくことも可能です。

 団体受講を希望の場合 

 2名同時受講 受講金額の10%割引

 3名同時受講 受講金額の20%割引

※ただし、全受講全員が揃っての受講としていただきます。どなたかが欠席した場合は、欠席された方は補習扱いとなりますのでご注意ください。


・途中でやめても受講料は返金いたしかねますのでご了承ください。


・全受講を受講日より5ヶ月以内で受講してください。


・その他お問い合わせ・ご相談は info@jibun-design.com



数秘を体得して
他者に依存することなく
あなたらしい生き方を選択できるエネルギーを受け取ってください!




お申し込みはこちらのフォームでお願いします。

祈りとはなんでしょう?



祈るという言葉に縛られると

日本人的には

祈りを「祈願」と捉えすぎてしまい、


●●になりますように。とか

●●ができますように。という状態になる。



それって、

【自分】と【願望】が分離している状態。


神・宇宙・大いなるものと一つになっていない状態。


そんな祈り方では

いつまでたっても

「願いは叶わない」

「願いを追い続けなくちゃいけなくなる」



願望を持てば

期待を持てば


それを追い続けなければならなくなる



追いかけなくない。

その状態になりたいために

その願望を捨てたいのに…

 

私は無性に祈りたい時がある。

 

自分ではどうしようもないような出来事に遭遇した時…

空を仰ぎたくなる。

 


今回の地震のような大自然の脅威にさらされる時も

私は祈りたくなる。

 


でもその祈りって

実はさっき書いた「祈願」じゃない。

 


「地震が来ませんように。」

とか

「地震が来ても大きくなりませんように。」

というものじゃない。


だって、そう祈っている時は

それは「地震が来ると怖い」という波動を出してしまっているから。

 

怖いという意を乗せて、恐怖を宣言することになる。


祈りとは意宣る(宣るとは宣言するという意味と捉えてもいい。)という意味。

 


でも、怖いものは怖いし

嫌なものは嫌でしょ?

 

例えば、

「今月収入が少ないから支払いができそうにない。お願いです。お金をください。」

と祈ったとします。


それは

【お金がない】がないという、恐怖に根源のある意(思い)が宣るものになるんです。

 


 

それが果たしてそれを祈りと言えるのかな?



と、私は思う。


 

では

真の祈りって??どうやったらいいの?

何が祈りなの?

 

以前私はわからなくなった。


困った時ほど祈りたいのに

祈り方がわからなかった。


じゃ、そんな私が今はどうやって祈っているのか?



極論的な言い方をすると


祈らなくなった


のです。



祈りという概念を捨てたのです。

 


恐怖を波動にして広げない限りは

どんな祈りでもいいとは思うのですが


あえて祈りというのならば


ただ、心を穏やかにして

神聖な気持ちになるだけ。



例えば。


地震が起きて自分を含めた人間の平穏を祈る時は

私はこうします。



地震が起きないで平穏に暮らしている人々の笑顔や

自分の笑顔をしっかりと思い浮かべます。


そうすると

ファ〜と胸のあたりが広がる何かが湧いてきます。


時には下からファーと上がる感覚になるときもあるし


上から染み込むような何かの感覚になるときもあります。


でも、それは


心地いい感覚なのです。


その感覚をしっかりと浸りながら

ただ、平穏な心で手を合わせるだけ。



そこに

○○になりませんように


とか


○○が起きませんように


という言葉は介在しません。


ただ、降りてくる?湧き上がってくる?広がってくる

その時に起きる感覚に身を任せているだけです。



これが私の祈り方。



そんな私が「祈りの根源」を知った反面、


祈りましょう。

祈ります。


という言葉は

ある意味難しいなと思ってしまうのです。



だって、大半の人は


『地震がこのまま起きずに地球が平和であるように祈りましょう。』


と誰かが呼びかけると


一人一人いろんな「祈り方」をするでしょう。

 


「世界が平和でありますように。」

「戦争が起きませんように」

「差別がない世界になるように。」

「今の平和が続きますように。


いろんな意を宣せて…


でも、もし今回の地震のようなタイミングに祈るのならば

みんなが日々平和に暮らしている今をしっかりと味わい

その時に湧いてくるエネルギーをただ受け取り

そのエネルギーに浸って

体を任せていると

なぜか自然に手が合わさり

生きていること自体が

なぜか「すごい感じ」になる


この感覚の波動を広げる。


こんな祈りをしていきたいものです。


僕らはみんな生きている

生きているから歌うんだ

僕らはみんな生きている

生きているから悲しいんだ

手のひらを太陽に透かしてみれば

真っ赤に流れる僕の血潮

ミミズだって

オケラだって

アメンボだって

みんなみんな生きているんだ

友達なんだ

 

作詞 やなせたかし

 


この歌は

みんな知っているのではないでしょうか?


でも、この歌を

本当だとは思っていないのでないでしょうか?

 

生きているから

喜びも悲しみも生まれる。

喜びだけでは生きていけない。


だって喜びの裏には

悲しみも生まれるから。

 

光の裏には

影があるから。


生の裏には

死があるから。

 

どちらもあるから

生きている。

 

そして


生きているのは
人間だけじゃない。


私だけじゃない。

あなただけじゃない。


ミミズもオケラもアメンボも生きている

トンボ、カエル、ミツバチ

みんな生きている。


草・木・花・土・微生物


みんな生きている。


みんな生きいているから

動いているから

私も

あなたも

全ての人間が生きていられる。


もし、この地球がなくなったら。

私たちの肉体は維持できない。


一見必要じゃないような

トンボも、カエルも、ミツバチも


地球にとっては必要不可欠な一部。


でも。それは人間もそう。

 

なに1つ欠けていいものはない。


これが全体性。 

 

 

この全体性の中で

自分がどう生きるか。


これが使命だと私は思っている。 

 

私の使命は、


情熱的に、

あるがままを体感しながら、

愛と笑いに溢れた社会を創造すること。


全体性のなかで命をこうして使いたい。

 

誰1人

欠けていい人はいない。


花が咲いて(生きて)いるから

食物が成り、私たちが食べられる。

土が肥えて(生きて)いるから

木が育ち(生きて)空気が整う。

昆虫や動物が(生きて)いるから

土が肥え、花が咲く。

 

誰1人欠けていい人はいない。

 


でもそれは

私たちが悪人だと思う人だってそう。

環境破壊する人間だってそう。


表裏が一体のように

正義の主張を強くするだけ

悪人はそれだけ多く生まれる。

 

昆虫を食べる鳥は悪人なのか?


台風を起す風は悪人なのか?

 

ウサギをハントするライオンは悪人なのか?


果たして正義とはなんなのか?

 

 

ただ一つ思うことは。

 

あなたは(私も)
全体性のなかで生きてることを
もっと自覚しろ!


ということ。 

 

隣の国の人がいなくなって

奪うものがなくなった時


どうやって生きるつもりなのか?と。

 

木や

花や

土や

動物がいなくなって


自然がなくなってどうやって


あなたは(私は)生きるのか?と。

 

私は


一人一人が

情熱的に、

誰も否定されることなく

あるがままを体感したら

愛と笑いに溢れた社会になると信じている。

 

みんなが

多様性の中で生きていると

全体性が当たり前に保たれると信じている。


犬が犬のままで

猫が猫のままで

鳥が鳥のままで

土が土のままであるように


あなたがあなたのままで

私が私のままで生きることが


それが自然。


それが当たり前。


それが生きるってことだと信じている。


社会に指示させた

人に指示された

親に指示された

会社に指示された


他者にコントロールされた生き方は

ロボットだってできる。

 

私たちは人間なんだ。


人間だからこそ

一人一人違うんだ!


だからすぐ

自分自身だけでも

自分を受け入れることが大切。


自分を否定しないことが大切。


自分を愛することが大切。


そのために

自分に嘘をつかないことが一番大切!


とびらの向こうの自分



もし


あなたがあした朝目覚めたら


なにもかもが
パーフェクトな自分になっているとしたら


あなたはどんなあなたなのでしょうか?


お金も腐るほど湧いて生まれる。


承認も全員から得られる。


身体はどこにも不調がない。


すぐになんでもやれる時間もある。


一緒に何かをやってくれる人もいれば


いままで足を引っ張っていた人も離れても大丈夫になっている。 
 
 
そう、もうなんでもできる環境のあなた。


どんなこともやれる環境があるあなた。


 
そんなあなたは


いまの仕事を選んでいますか?


いまの付き合いをそのままやりますか?


いまの場所に住んでいますか?


いまの暮らしをしていますか?




そして


あなたは


なにをしますか?




あした


このドアの向こうに見える景色が
あなたの思うまんまに現れるとしたら。




あなたはどんな景色を作りたいのですか?


それがあなたの本心です。
 
その本心に嘘をつかないと約束した人から


その世界に行ける!と
宇宙が約束してくれたら


あなたはドアの向こうに
本当に行きますか?



昨日、Facebookライブでタロットオラクルのライブをいたしました。

コメント欄に決断したいことを書いていただき
タロットカードでみる

という、瞬間技のようなものの連続です。 
 
リアルにお会いしたこともない方もおられますが、
私はタロットカードと自分を全信頼しているので

『どうしてわかるのですか?』
 
『やっぱり!?』
 
などというカードがでます。
 
さて。昨日のタロットライブテーマは


決断


 
でした。


決断するのは
実は怖さが常に伴うものだから

なかなか決断できたい。

決断できないから

迷いになる。
 

決めてしまえばいいものを

決めない


から迷いになるわけで

言いかえれば

迷いたいから決めない


のです。



迷っているときは
そこをまず

『迷っていたい自分』認めることから始める


 
迷ってもいいのです。

決断しなくてもいいのです。
 


決めなくちゃ。

やらなくちゃ。

やめなくちゃ。



そんな【思い込み】無いですか?


そこから始めましょう。
 


でも
やっぱり

やめたい

やりたい

決めたい

迷いたくない

 
なら

決断しかない


のです。


決断とは

決めて断つこと


決めたら
どちらかに
選択しなくちゃいけません。

その選択肢を選んだ先に



ダメだったらどうしよう

うまく行かないとどうしよう

失敗したらどうしよう

元に戻らないとどうしよう
 


などという
恐れがうまれているのではないですか?

 
その恐れこそが
決断できない【鍵】

鍵穴に鍵を入れるには

どの鍵か【ひとつを選ぶ】必要があります。
 
 
その選ぶポイントは

情熱(パッション)



ハラで収まる


かどうか。


胸がざわざわする
のは
感情。

感情は体調や
状況によって変わります。

なので
判断基準にすると
あとで後悔することもあります。


条件で決めるのは
頭。

これはエゴの塊でできている場合がほとんどで、
自分の本音や本心を無視してしまう場合が多分にあります。




ハラで決める。

逆に

ハラで決まらないのなら、
まだやらなくていい。


と私は思います。

いい意味で、そのままを甘んじて受けておけばいいと思います。

どうしてもやらないと(やめないと)いけないときは
自然とハラが坐りますから。

 
ただ、もしかすると、
ハラが作られていないカラダ(頭でっかちで、常に本心と裏腹に生きてきた場合に作られるカラダ)は

ハラで決められない場合もあります。

 
その場合はカラダに聞いてもわからないので

情熱が湧くかどうか

を基準にすると良いかもしれません。

 
情熱とは

こみあげてくるもの

下から湧き上がるもの。

ですから、ハラから湧き上がっているのです。

情熱があれば

失敗や
人目もなんのその!

になれるはず。

 

決断とは
難しくないのです。

決めるだけ。

難しく考えてしまっているのです。

だから、
悩みたいなら
とことん悩みましょう!

この最近とみに

覚悟を決めることが多い。


その覚悟とは

実は以前から

やろうやろうと思っていて

やれなかった

いいや。

やらなかったことを

やると決めたことだったり。


以前から

もうやめよう

もうやめようと思っていて

やめなかったことを

このタイミングでやめよう!と決めたことだ。



やめることも

やることも


やろうと思っても

やめようと思ってもできなかったのは


怖かったからだ。


やめたらどうなる?


やったらどうなる?


失敗が怖い


人の目が怖い


未来が見えないことが怖い


怖いことだらけ。


途中でやめたら責任は?


やりきれなかったら責任は?



やっても

やらなくても


この世界に生まれて

この世で生きている限り

自分の命の責任は自分にしかない。


なのに

人目や

失敗を氣にした選択で

やらずに

やめられずに

生きて来た今


どうするか?


嘘をつかない生き方を大切にしないと

どんどんと

人生がおかしくなる。


だから

決めたし

覚悟した。



でも、決断したら

スッキリし始めた。


これでいいと思え始めた。


最近の天氣は本当にご機嫌がわからない。


ここ数日、天の氣に敏感な私は

眠氣と体調の急激な変調に戸惑っています。


氣温差と氣圧差


特に氣圧の差が一番こたえています。



でもこれは当たり前。


だって。人間だって動物ですから。


自然の一部の動物ですから、

天氣や

自然の変化に

一緒に変化するものですよね。



だけど、人間は

服を着たり

エアコンをつけたりすることができて

何も手を加えない

自然のままの自分の体の状態(フラットな状態)を

ほとんど知らない。


だから急激な自然の変化についていけない。



動物的勘(第六感)などを

しっかりと鍛えるためには

自然に沿った生き方をすることが一番。



自分の体なのに

自分でわからない。


そんなことが多くなっている現代。


ちょっと自分に振り返って体をもう一度見直してみたいと

本当に思います。



そして、こんな風に

天氣で動きたくない

だるいならば

動かないで

のほほんと暮らしてよし!といたしましょう!


こんな時期は無理をしすぎず

背伸びしすぎず

自然に任せて行きたいですね。


こんな話をパートナーと楽しく語っている10分番組

楽しく聞いてください。

2010年。

父が他界して命の使い方を

生き方を本当に考えかのし始めたのですが


スピリチュアルカウンセラーとして

占い師として


このまま死ぬのは嫌だ


という思いがあっても


じゃあ、何をしたいの?


と自分に問いかけても

答えが出たように見えても

また離れる


蛍のように


光った!と思ったら

また消えた


そんな9年だった。


消えたと思っていたのは

実は

消していたのだ。


怖くて

前に進みたくなくて


私にできっこない

というような

恐れが


見えた光を

自分の手で包んで消したのだ。



何を恐れていたのか

何をしたかったのか


9年かけて

掘り起こし

洗い出し

さらけ出してきた。


もうここからは


自分だけのために命を使うのではなく


自分と愛する人のために

大切な人のために

自分を使うことを決めた。

 

自分の夢だけではつまらないのだ。


これを決めた。


だから、絶ったものがある。

 

それは

迷いだ。


迷うくらいならやる。


やらないという選択肢を

取らないようにする。


やらずに死なない。


やって死ぬ。


これを決めた。


だからやる。



でも、やっぱりどこか怖さもある。


うまくいかなかったらどうしよう(周りを巻き込む)


思うことを実現できなかったらどうしよう



まだ、信じきれていない自分の可能性と

周りへの可能性。


やらないから信じきれないのだ。


やる。


まずはタネを蒔いている。


ありのままに生きることができるあなたになるための一冊

この数日、道が一緒になった感じの人


道が別れた感じの人に


二分されてきた。




今まで楽しく一緒にやれる!と思っていた人



え?この人と一緒に何ができるのかな?とわからなかった人。




いろんな思いを過去から持っていたけれど


今、ここにきて

感情を抜きにして

道の二分化が見えてきた。


いまの時期だから致し方ない。





だって。


自分に嘘をつかないことを

徹底する時期に来たのだから。


 

人間関係は、自分に嘘をつきやすくしてしまうから。

 
 

この自分の心に嘘をつかないために

やるべきことは


感情に流されすぎないことと

妥協しないこと。




感情は一時のものとして

往々に変わることがある。


好きなケーキだって

毎日食べない。


好きなステーキを毎日食べすぎて

糖尿病になることだってあるから、


好きだから

自分のためになるとは限らないことだってある。



逆に「嫌い」だってそう。


薬が嫌いでも

飲まなきゃいけない時もあり

飲んだら確実に治る。


嫌いでも自分のためになることだってある。



好きと嫌いとかいう感情は

自分の魂の何かに沿っている指針にはなるけれど

自分のためや

社会のためになることかというと

そうじゃない時だってある。



感情とはそんなものだ。


自分に嘘をつかない


とはいえ


嫌いなものを嫌いなまま我慢してとりいれろ!

ということでもない。


例えば…


自分の魂が本当に必要とすると判断するのに…なぜ

「これが嫌い」なのか?


なぜ嫌いという感情が湧いて

それを拒否するのかをしっかりと観て
その上で
それを受け入れるかどうかを決めるということ。

 


それが自分に嘘をつかないということ。

 


よく女性にありがちなのは


直感という都合のいい言葉で


「直感で、嫌いだからやめた!」

「直感で、好きだからやる!」


という場合が多い。



それが本当に直感なのか?


自分に都合が悪い=嫌い=魂のテーマ(宿題)から逃げている

などの多分に

エゴの声であることも多い



ということも往々にしてあるから。



でも、それがわからない。

判断できない。


そういう場合は

立ち止まって考えればいい。



そして


わからなければ、ハラに(体に)聞く。

 

そうすれば答えは身体が知っている。

頭ではない。

 




もう一つ今の時期に大切な基準は


妥協しない。


だ。


自分に嘘をつかない


この点で

妥協という甘えが入ると

そこから人生のズレが生じやすくなるから…


以前、私は

1ミリも自分に嘘をつかない。


ということをよくいっていた。


これはとても難しいことのようで


でも実は案外簡単です。


どうしてか。


嘘をつくくらいなら


やらない(やる)


選択肢を取るだけでいい。


からです。



対して付き合いたくもない人に誘われて

付き合いで出かける。


対して嫌いでもないけれど

行きたいわけじゃない。


この場合、行きたくない


が、自分に嘘をつかないことなのに

つい

ま、この程度なら付き合ってもいいか。

という感じになって付き合ってしまうという形で

自分に嘘をついてしまう。


または、

今までこれはやらない!と決めていることがあるけれど

最近、妙に氣になり始めている。

でも周りの人の手前、

やらないと言っていたのに今更やるって…

恥ずかしいから今回はやめておこう。



なんてことも、やりたいという思いに嘘をつくことになる。

 


妥協しないというのは

こう言ったちょっとした程度のつもりの

発想や

思いや

行動などを

妥協しないということ。


 

これがこれから夏に向けて

自分の後悔しない生き方の種まきになっていくから。

 

2018年は特に

相手(パートナーや親しい人や仲間)との関係で

そう言ったことがいろんな形で浮上しやすいとき。


6月はそのパートナーシップや

仲間との関係性で

見直し、整理清算、やり直し、仕組みを立て直し、仲直り

などを意識したい。


その時に

感情に左右されすぎないことと

妥協しないこと


この二つはとてつもなく

今の私の指針になっている。




私とパートナーで

この大切な2つについて話している10分番組

楽しく聞いて意味てください。


射手座満月の朝


コーヒーを飲みながら

雨音に耳を澄まし

瞑想していました。


射手座1度の私ですが


今回の満月のエネルギーはとても心地よいものに感じています。


多くの友人知人が

発熱したり

体調を壊していますが

今回の満月パワーだけではなく

マヤ暦では黒キン10日間に入っていますので

宇宙エネルギーはかなり激しく動いているのでしょう。


体調不調や

精神バランスを崩しやすいのは致し方ないと

少しばかり諦めましょう。


射手座の私は

一つの方向を定めると

妥協することなく

とことん進みたくなります。


遊びがないとか

真っ直ぐすぎるとか

自分で自分を追い立てているとか


「やりすぎじゃないか?」と

自分を思うことが多くあります。


宇宙エネルギーのサイクルでは

私のような射手座的行動で進むと

痛い思いをする時もあります。



ですが、今回は射手座の満月。


パワーは私に味方してくれています。


どこまでも自分らしく生きていい。


そう宇宙に言われているようで。


とても自信と確信に満ちています。


皆さんは

どうやってこれから過ごしたいと思っていますか?


人生をどうありたいと思っていますか?


自分の思うことをやり通せるとしたら
あなたはどんな妥協をやめますか?



これから2〜3日


どうしても難しいようなら今日だけでも

それを意識して見てくださいね。


自分に嘘をつかない勇気。


これが発揮される時です。



あり姉妹のままに生きる

ありのままイズム提唱者 La Forceです。


今日は奈良の龍穴神社に行ってきました。


実は1ヶ月ほど前に

夢から醒めるときに

とても大きな龍と対話したのです。


その会話ははっきりと覚えており

ありありと感覚も残っていた

とても不思議な時間だったのですが

その時から龍穴神社に行こうと決めていたにもかかわらず

なかなか行く機会を逃してしまいました。


そして、雨の降る昨夜

どうしても行きたくなって

雨が上がれば必ず行こうと決めました。


昨日はなぜか

自分の心の中がとてもざわざわして

どうしても落ち着かない状態でした。

 

こんなエネルギーの時は

何かの節目

ということはわかっていたので

落ち着いてはいました。



そして今日、とても快晴で

しかもとても抜けたエネルギーだったので

早速龍穴神社に参拝してまいりました。


5〜6年ぶりの参拝。

 

以前は1人で

バスに揺られて

歩いて行きましたが

今回は愛するパートナーと共に行きました。


その時の模様を動画に収めましたので

よろしければ

一緒に感覚だけでも楽しんでください。