セカンドベストではなくファーストベスト

2018年7月14日の蟹座新月。


かなり大きなエネルギーが動きました。


今回の新月から

宇宙のパワフルなエネルギーが2週間後の満月あたりまで続きます。


この新月に

とても衝撃と喝を宇宙から入れられて

正直

消えてなくなりたい…


くらいのところまで自分を見つめました。



私はいろんなことができるタイプでして

結構精神バランスを立て直すのもできる方なのですが


今回の新月では


もう逃げられないことを宇宙に突きつけられました。

 

私は、自分の人生において

やれることだけやって来たタイプでした。


いわゆる優等生。

 


案外そつなくできるから。


自己満足のために

そして

否定や批判を回避するために

できることを

そして

うまくできることを

選んでやって来ました。

 


大人になってもその癖は抜けていなくて

ついつい

まだどこかで

楽な道を選んでいました。

 


ですが、今回はその

セカンドベストを選ぶ生き方を

宇宙は許してくれませんでした。


宇宙といっても

それは

自分ですが…



いつまで同じことをやるつもりだ!

 


自分で自分を相当どやしつけ

喝を入れることになったのです。

 

本当にやりたかったことをやりきっているのか?

 

やりたいことをなぜやらない?

やり抜かないんだ!!


いつも

軽く交わす自分に

自分が嫌氣をさしたのです。


それも突然。

 


新月直前の氣づきから

たった2日で

早くも逃げモードになっている自分に

ほとほと飽き飽きしたのです。

 


いつまで
セカンドベストに甘んじているんだ??

 



今回の新月は

とてもパワフルで強烈なエネルギーが流れています。

それはやや力を弱めたとはいえ

今度の27日の満月まで続く

大変革のパワーなのに。

 

魂レベルで

もう嘘はつく必要がないときに来た。


魂レベルで

生きていい時が来た。


それを肌身に沁みてわかってはいたけれど

骨身にまでは沁みていないのでした。


この2週間で骨身に沁み込ませるつもりです。

 

媚びへつらいは一切やめて


愛想笑いも一切やめて


1ミリも嘘をつかない自分への仲直り。


ただひたすらに

魂の乗り物が同じ人たちとともに

ただひたすらに

自分を生きる覚悟が

痛みとともに決まった日。

 

私の才能は一つではないと
自分を軽んじることをやめた日。



0コメント

  • 1000 / 1000

ありのままに生きる

スピリチュアルカウンセラー スピリチュアルコーチ La Force(ラフォース)の公式サイト