決断…とは

昨日、Facebookライブでタロットオラクルのライブをいたしました。

コメント欄に決断したいことを書いていただき
タロットカードでみる

という、瞬間技のようなものの連続です。 
 
リアルにお会いしたこともない方もおられますが、
私はタロットカードと自分を全信頼しているので

『どうしてわかるのですか?』
 
『やっぱり!?』
 
などというカードがでます。
 
さて。昨日のタロットライブテーマは


決断


 
でした。


決断するのは
実は怖さが常に伴うものだから

なかなか決断できたい。

決断できないから

迷いになる。
 

決めてしまえばいいものを

決めない


から迷いになるわけで

言いかえれば

迷いたいから決めない


のです。



迷っているときは
そこをまず

『迷っていたい自分』認めることから始める


 
迷ってもいいのです。

決断しなくてもいいのです。
 


決めなくちゃ。

やらなくちゃ。

やめなくちゃ。



そんな【思い込み】無いですか?


そこから始めましょう。
 


でも
やっぱり

やめたい

やりたい

決めたい

迷いたくない

 
なら

決断しかない


のです。


決断とは

決めて断つこと


決めたら
どちらかに
選択しなくちゃいけません。

その選択肢を選んだ先に



ダメだったらどうしよう

うまく行かないとどうしよう

失敗したらどうしよう

元に戻らないとどうしよう
 


などという
恐れがうまれているのではないですか?

 
その恐れこそが
決断できない【鍵】

鍵穴に鍵を入れるには

どの鍵か【ひとつを選ぶ】必要があります。
 
 
その選ぶポイントは

情熱(パッション)



ハラで収まる


かどうか。


胸がざわざわする
のは
感情。

感情は体調や
状況によって変わります。

なので
判断基準にすると
あとで後悔することもあります。


条件で決めるのは
頭。

これはエゴの塊でできている場合がほとんどで、
自分の本音や本心を無視してしまう場合が多分にあります。




ハラで決める。

逆に

ハラで決まらないのなら、
まだやらなくていい。


と私は思います。

いい意味で、そのままを甘んじて受けておけばいいと思います。

どうしてもやらないと(やめないと)いけないときは
自然とハラが坐りますから。

 
ただ、もしかすると、
ハラが作られていないカラダ(頭でっかちで、常に本心と裏腹に生きてきた場合に作られるカラダ)は

ハラで決められない場合もあります。

 
その場合はカラダに聞いてもわからないので

情熱が湧くかどうか

を基準にすると良いかもしれません。

 
情熱とは

こみあげてくるもの

下から湧き上がるもの。

ですから、ハラから湧き上がっているのです。

情熱があれば

失敗や
人目もなんのその!

になれるはず。

 

決断とは
難しくないのです。

決めるだけ。

難しく考えてしまっているのです。

だから、
悩みたいなら
とことん悩みましょう!

ありのままに生きる

スピリチュアルカウンセラー スピリチュアルコーチ La Force(ラフォース)の公式サイト

0コメント

  • 1000 / 1000