laforce-love

記事一覧(25)

地球に生きる人間にとってのスピリチュアルとは?

台風21号は猛烈な勢いで主に西日本を通過していきました。被害に遭われた方のお見舞いと1日も早い復旧を心よりお祈りいたします。私はスピリチュアルという世界を知ったのが建築の仕事をリストラに遭った翌年から始めた自分はなんのために生まれてきたのか?を探し始めた時からですので今から18年前でした。当時、オーラが見えるとかチャクラを開けるとか前世がどうとかそういった世界はかなりマニアックで胡散臭い分野の世界でした。でも精神というものがあると探求し始めた時から私は文献や書籍を得ようとしました。今では本屋さんでも何竿にも並んでいる書棚で埋め尽くされる精神世界の本ですが当時は紀伊国屋書店でも1〜2段くらいしかなかったのを記憶しています。自己啓発と精神世界の境があるようなないようなそんな内容の本かもしくは、シャーリーマクレーンや、サネヤ・ロウマンのような海外のスピリチュアリストの本に傾倒しました。ですが、どうしてもどうしてもピンと入ってこない部分があるのです。それは光の部分だけを書いている本が多かったということ。光がすごいもの。光が素晴らしいもの。そんな風になるのが嫌で私は、地に足をつけるつもりもあり体の本もよく読むようになりました。2008年?2009年に取材していただいたHanako-westで私は「デイリースピリチュアル」というタイトルで風水を日常と写真(イメージ)で取り入れるという特集を組ませていただきました。私自身、スピリチュアルとは本の中にあるのでも仏像の中にあるのでもないと思っています。ましてや宗教の中にはないと思っています。一人一人が神であり仏であり宇宙である。それを受け入れてそれを当たり前にしてそれを日々の生きる糧と知恵にしてこその精神だと思っています。精神のことを学ばずにましてや誰か師匠について学ぶわけでもなく日々淡々と当たり前のことを自他共のために生きている人こそが真のスピリチュアリストだと私は思っています。悟っている人が偉いとか術を使う人が偉いのではなく己の中にもそのような部分がありそれを大切な人のために、己のために自分が目の前に見える世界のために使って生きている人も素晴らしいのだということを常々思っているのです。宗教(スピリチュアルな世界)に入るのがダメなのでもない。入って心が救われて毎日が楽しく生きていられるのならそれは素晴らしいものなのでしょう。でも、教えに縛られ自分を見失い家庭がうまくいっていないそんな生き方のためにまた宗教(スピリチュアルな世界)に入り込むってただの生きていることの現実逃避になりかねないってことだと私は思っています。まあ、現実逃避する今世のテーマだとしたらそれはそれでいいんでしょうけれど(笑)私はスピリチュアルな世界の文献の探求はもうやめました。今は体と毎日にそれを落とし込むための日々の実践をしています。大切な人と目の前の人たちと楽しくより良い暮らしを営みたい。そのために自分は何ができるのかだけを一筋に考えて生きていこうと改めて思えた台風一過の朝でした。

獅子座新月特別セッション〜古いしがらみを捨てて新しいステージに辿りつくために〜

今日の18:57獅子座で新月タイムを迎えました。今回の新月エネルギーはとても大きな節目となっておりこの節目でいろんな決断や、方向転換、人間関係の整備、仕事や金銭の節目…古いエネルギーを壊して次なるステージに向かう今のエネルギー。様々な【転換】を迎え始めている人が多いようです。 そこで、今回は新月エネルギーに迷いや戸惑いのある方々にパワフルな今回の新月エネルギーに乗ったスピリチュアルタロットセッションを集中限定でお受けする準備をいたします。8月12日 日曜日〜8月14日 水曜日【古いしがらみを捨てて新しいステージに辿りつくために】にフォーカスにしたスピリチュアルタロットセッションを受け付けます。〜古いしがらみを捨てて新しいステージに辿りつくために〜スピリチュアルタロットセッション□今回のタロットセッションが役立つ人☆新しいステージに移行したいあなた☆次どういう一手を打っていいかわからないあなた☆人間関係を整理できないあなた☆自分の使命・天命について聞きたいあなた☆仕事や人間関係を新しくしなければならなくなったあなた☆八方塞がりになっている感じのあなた☆何をしていいのかわからないあなた□セッション内容タロットカードと数秘を使いながらチャネリングでスピリチュアルカウンセリングをいたします。今回は、カルマも絡む時期でもあるため、かなり深く入るセッションになる可能性があるため、設定時間を90分にして、かなりしっかりとお話しいたします。□金額90分 20000円□お申し込み受け期間及びセッション期間8月12日 日曜日〜 8月14日 水曜日受付時間 10〜20時□条件☆完全予約制です。☆電話カウンセリング、ZOOM、Skypeなどの動画カウンセリングも受け付けておりますので、遠方の方でも大丈夫です。☆対面をご希望の場合奈良市内でのセッションとなります。☆夜20時まで予約を受付ますので、最終セッション終了時間は21:30になります。☆今回の新月エネルギーにのったセッションのため、期間限定のお申し込みとさせていただきます。☆お申し込みをいただき、セッション代金のご入金が確認できましたら、正式な申し込み受付とさせていただきます。☆期間限定のセッションですので、お申し込み後キャンセルは基本的に受けいたしかねますのでご了承ください。

OPEN! The ライオン'sゲート

さて。明日がライオンズゲートのピークと言われる8月8日。8月12日くらいまでがこのエネルギーの通る期間。この期間にはいろんな西洋占星術の先生方がいろんな情報と心構えを伝えてくださっていますが私の「体感している」エネルギー情報をお伝えするとまず、1 後戻りしたいのか?を試されています。7月末あたりから、本当に自分のするべきことが見えてきた。ところが、それに集中すると、現実の世界が滞ってしまう。理想を追えば、現実が付いてこない。エネルギーの密度が高くなっているこの時期は、本当に今のことでいっぱい、いっぱいになってしまい、つい、簡単な方向…つまりやり慣れている過去のことや、あと戻りをしたくなってます。でも実は逆で、この時期には後戻りすると、ゲロゲロ!的になってしまうので、どこまで、後戻りしない勇氣を振り絞るか…が、試されています。2.エネルギーの密度が高い!先ほど、「いっぱいいっぱい」という表現をしましたが、日常普通に暮らしていてもエネルギー密度が高いので、ともすると、頭がぱんぱんになったり、無理をしすぎて、カラダがバテやすくなっています。無理をしちゃいけないし、頑張り過ぎちゃいけないのですがこの時期は、自分にとことん向き合っているので、そうそう簡単に手を抜けないのですよね。だから、いっぱいいっぱいになってしまう。大切なのは、息を抜けるかどうか…ですね。 3.自分にも他人にも嘘をつけないライオンズゲートの重要なポイント。『プライド』自分にプライドを持てるためには、自分に嘘をついちゃいけません。ましてや、人に嘘をついたり、不誠実なことをしていると、プライドが折れてしまいます。本当のプライドとは、『己の真実を貫く勇気を持つこと。』借り物の他人の人生ではなく、自分が胸を張って生きられるステージを作ることを意識しています。自分の正義を貫く勇気、ですね。 4.よそ見しないこの時期は、まっすぐ自分の真実の思いやそれに伴った行動をするとき。だから、よそ見できません。あれこれやってたら、ライオンズゲートの扉はあっと言う間に閉まります。この時期だからこそ、猪突猛進!で、まっすぐ自分に偽りなく、他人を欺かず、やりきるパワーを持ちましょう!さあ、明日はどんなエネルギーがあなたの中を通りすぎるのでしょう?あした、とてもパワフルなイベントをお伝えします!

真の統合とは?

男性性成功決断拡張(拡大)論理的思考リーダーシップ(リーダー)パワー責任まっすぐ(一貫性)自立(独立)ビジョン強靭女性性共感(協力)安定受容美しさ優しさ包容力自然バランスしなやかさ調和変化これらは女「性」とか男「性」とかいう「性」を表しているだけではない。むしろそれを表しているのではくエネルギーの質を表している言葉だと捉えるようがいい。男性だけれども女性性があり女性でも男性性というエネルギーを持っている。ただ間違えやすいというか勘違いしやすいのが「性」ジェンダーにこだわりすぎてエネルギーとして女性性や男性性を捉えられなくなってあるパターンを作るということ。例えば私は女性でありながらとてもまっすぐで猪突猛進的なところがあります。これは男性性(男性的エネルギー)です。で、そのエネルギーが強く働きすぎたため女性である体を思い呼び覚まさせるために婦人科系の疾患によくかかったのです。エネルギーの使い方を誤っていた(バランスを欠いていた)ということです。ですが、日本の仕事はどうしても男性が仕組みを作っている場合がほとんどで仕事をする女性が男性社会の仕組みの中で過ごすことで女性性(女性的エネルギー)を出せなかったり抑圧してしまうということを体で知ることができたのが私の経験でした。ただ、これは男性にも言えるのです。前記したように男性の中にも女性的エネルギーがあるわけで今の男性が作った社会の仕組みの中で男性の本来持っている女性性(女性的エネルギー)は抑圧されるのです。男性の中にも共感(協力)したい心安定したい思い美しさを知る感覚優しくしたい思い包容力自然を感じたい衝動しなやかさを持っていたり変化を好む生き方だってあるのです。その男性の中の女性性を押さえつけられ独立をしろ!1人で立て!怖がるな!女々しくなるな!ダラダラするな!綺麗なこと言ってんじゃない!フラフラするな!やりきれ!と『社会が』をそうさせるような環境にしていたから男性の中の美しさを尊ぶ心や優しさを優先する想い休みたい心身止まりたいエネルギーなど否定され抑圧されてしまった社会。だから女性性を取り戻す時が来た!ということになり女性性を尊び始めた昨今。ただここで勘違いしやすいのだと思っている。ある方が女性がいないと男性は存在しないのだから(産めない)のだから女性は女神であり女性を大切にする必要がある。という一節に強く疑問を抱いた。 私は女性は女神だと思っている。だが男性も神なのだ。というか人間そのものが神であり(絶対的なエネルギーの一部)男性が上、女性が下など本来宇宙のシステムの中に組み込まれていないはずだと。女性が子供を産むから女性の方が偉いんだの思いが強まると怖い。女性でも子供を産めない(産まない)選択肢を無意識のうちに罪悪感の中に落とし込んでしまい女性が女性を蔑視するということになりかねない。そして、男性の中の女性性を否定した今までの社会と同じように女性の中の男性性を否定してしまうことにもなりかねないと思っている。男性という存在がいるからこそ女性は子供を産むことができる。男性という存在がいるからこそ女性は女神たらしめる。女性性を抑圧して来た社会だからこそ『良き男性性』を認め引き出していくことが真の統合ではないのか?男性性を否定し女性性だけを肯定するのは違うと思っている。女性性(女性的エネルギー)の中にも悪く出ることがあるではないか?共感(協力)というエネルギーが依存を生み出しかねない。安定というエネルギーが不安を生み出しかねない。受容というエネルギーが自立ができなくなりやすくなり美しさを優先しすぎて、醜い部分を拒否して排除する。優しさ・包容力が勝ちすぎて、相手のエゴを増長することもあり自然に任せすぎて、思考をやめてしまう。バランスを重視しすぎて、自分をなくしてしまいしなやかになりコロコロ変化しすぎて、社会的信頼を失いかねない。これが女性性のいきすぎる社会だ。 どちらもバランス。男性性が勝ちすぎた社会だから女性がそこに不満を持つのは仕方がない。女性性の強い男性が生きにくいのも仕方がない。だけど私の思うのはありのままでいいという社会にさえなればそのまま一人一人の中にある女性性と男性性のバランスが取れる。ただそれだけなのでありどちらを優先させるとかどちらを排除するなどという二項対立の考え方から変わらない限り真の統合は起きないと思っている。だから私は男性の中の女性性を引き出し女性性の中の男性性のバランスとることを伝えて行きたい。

セカンドベストではなくファーストベスト

2018年7月14日の蟹座新月。かなり大きなエネルギーが動きました。今回の新月から宇宙のパワフルなエネルギーが2週間後の満月あたりまで続きます。この新月にとても衝撃と喝を宇宙から入れられて正直消えてなくなりたい…くらいのところまで自分を見つめました。私はいろんなことができるタイプでして結構精神バランスを立て直すのもできる方なのですが今回の新月ではもう逃げられないことを宇宙に突きつけられました。 私は、自分の人生においてやれることだけやって来たタイプでした。いわゆる優等生。 案外そつなくできるから。自己満足のためにそして否定や批判を回避するためにできることをそしてうまくできることを選んでやって来ました。 大人になってもその癖は抜けていなくてついついまだどこかで楽な道を選んでいました。 ですが、今回はそのセカンドベストを選ぶ生き方を宇宙は許してくれませんでした。宇宙といってもそれは自分ですが…いつまで同じことをやるつもりだ! 自分で自分を相当どやしつけ喝を入れることになったのです。 本当にやりたかったことをやりきっているのか? やりたいことをなぜやらない?やり抜かないんだ!!いつも軽く交わす自分に自分が嫌氣をさしたのです。それも突然。 新月直前の氣づきからたった2日で早くも逃げモードになっている自分にほとほと飽き飽きしたのです。 いつまでセカンドベストに甘んじているんだ?? 今回の新月はとてもパワフルで強烈なエネルギーが流れています。それはやや力を弱めたとはいえ今度の27日の満月まで続く大変革のパワーなのに。 魂レベルでもう嘘はつく必要がないときに来た。魂レベルで生きていい時が来た。それを肌身に沁みてわかってはいたけれど骨身にまでは沁みていないのでした。この2週間で骨身に沁み込ませるつもりです。 媚びへつらいは一切やめて愛想笑いも一切やめて1ミリも嘘をつかない自分への仲直り。ただひたすらに魂の乗り物が同じ人たちとともにただひたすらに自分を生きる覚悟が痛みとともに決まった日。 私の才能は一つではないと自分を軽んじることをやめた日。

どう生きたいかより、どう在りたいか

まもなく、山羊座満月が起きますね。私は西洋占星術は専門ではありませんので詳しい説明はいたしませんが私にとって、西洋占星術における『月』の捉え方は人生のバイオリズムにはっきりと反映されやすい惑星なのでできる限り把握しております。  今回の満月で感じとり受け取れることは自分を堅実に生きることてなんなんだろう?てことでした。 頑張って認められたくて何かに煽られるような焦燥感で生きてきた若い頃40歳を過ぎるころ自分の生き方に疑問を感じ修正を図り始めた。修正を図るということは何かと比べていたり何かに重きをおくから修正を図るわけで。 このままではいけない。このままでいいはずがない。この焦りだけが自分の中にふつふつとあった。 そのあたりからアセンションという言葉が耳に入りはじめ二極化するとか2012年に大変なことが起きるとかそういう情報が耳に入っていた。 アセンションというものがあるなら私にとって1人で次元上昇する氣にはサラサラなれず愛する人たちがそこにとどまるのなら私は次元上昇などしたくないくらいにまで思うときもあった。 でも、いまでは、all of me.this is me.全ては自分。このままでいい。これが当たり前になったので、次元上昇とかアセンションなどどーでも良くなりました。 次元があると信じている人は次元があるしないと思うひとにはないわけで。アセンションを迎えるためにどう生きる?とか、より良く生きるためにどう生きる? という、まだ来ぬものに目標を定めるのを極力やめるようにした。すると、いまどうありたいかというものに強く深く自分を使いたくなってきた。いま、お腹が減っているから、美味しく食べるためにこうしたい。とかいま、疲れてどうしようもないから、これを止める。とか。いま、いま、いまの連続にフォーカスし続けていたら自ずと一年前にやりたかったことが叶えられていたり知らない間に状況が整っていたりしている。どう生きたいかこれを深く見ることはとても大切だし考えたいことだと思う。でも、毎日それを考えているといまというものを見失う。大切な毎日を彩るものがあるからこそ自分の『生』はある。だから、どう生きたいかを深く見ることができたらもうそれは横に置いてあとは徹底してどう在りたいかを、自分に問い続けていくことのほうが大切なのではないかと思っている。自分に嘘をついていないか?本当に自分はいまそんな自分で在りたいのか?そこにフォーカスしていると頭で自分の人生を決めてきたことが良くわかります。カラダを心を置き去りにしてカラダと心を頭が抑えて生きてきたことがわかり始めると自分がどう在りたいかカラダが声を始めます。

自分の人生に自分で答えを出す数秘

情熱的に、あるがままを体感しながら、愛と笑いに溢れた社会を創造しているありのままイズムの提唱者La Forceです。 みなさんは数秘というものをご存知でしょうか?数字に意味があり数字にエネルギーがありそのエネルギーを生年月日や氏名などから読み解くことができる数秘。1 始まり2 協調3 バランス4 安定5 変化6 平和7 探求8 豊かさ9 まとめ数字の意味やエネルギー流れ(進化)も数字で読み解けるのです。1 種まき2 土の中での成長3 発芽4 茎となる成長5 葉をつける6 花を咲かせる7 実に変わる8 収穫9 熟れ切って土に戻るこんな流れ(進化)は人生や日常においても繰り返されているのです。このようなサイクルを時の流れとして読み解くこともできるのが数秘。La Force流の数秘は少々変わったリーディングです。数秘を単なる数字の意味として捉えるのではなくエネルギーとして捉え全体的に総括して観ることを大切にしているリーディングです。例えとして1 醤油2 人参3 じゃがいも4 砂糖5 お酢数字にこんな意味があったとします(例えばですよ?笑)あなたの生年月日に1 と 2 の要素があったとします。すると一般的には「あなたは醤油と人参でできている人ですね。」という表現になりがちです。ですがLa Forceは醤油と人参だけではなくそこに生年月日の中に少々含まれている数字例えば5があったとして1と2がメインとなる5の含まれた人あなたは和風味の人参ピクルスさんですね。なんて表現になるのです。もし、これが1(醤油)の要素がとても強い(2と5を含む)人だったら人参の醤油漬けさん2(人参)の要素がとても強い(1と5を含む)人だったら和風ドレッシング味の人参サラダさんという表現になるのです。これらはエネルギー(数字の持っている感覚的割合)による表現となっているのですが実はある感覚(体感的感覚)さえつかむことができたら数秘をエネルギーとして扱うことが誰だってできるのです。そのためには数字のエネルギーと体感で仲良くなることが大切。これがLa Force数秘の真骨頂です。その奥義をあますところなく伝えることを決めた夏至の夜。その決めた理由はカリスマがたくさんの人を救う時代は終わりを迎えこれからの時代は一人一人が隠れていた才能を発揮し自分で自分の人生に責任を持つ時代に突入したからです。私1人がわかっていても仕方ないこの数秘のエネルギーリーディングの手法を1人でも多くの人に体得してもらいたいと思ったのです。ですが普通の数秘講座と違いワークが絡んでいます。なので数秘という技法を学びながら自己啓発・自己成長を促しているとてもパワフルで明るい数秘という名を借りた自己開発ツールと言っても過言ではありません。そこまでやらないと数字と単なる意味と形に捉えてエネルギーとして理解しにくいからです。この講座を進めていくうちに自分を深く知るだけではなく大切な人や仲間や友達もリーディングしてあげることができより素敵で多様性のある社会を認めることができることが自然とできるようになるのです。また数秘を通して自己を見つめ認めて、愛することができるためエネルギー(氣)に敏感になり逆境にも準備ができ強くなれます。そうなることで今までは認めることが難しかった他者の個性を認めてかつ愛することができるのです。 そんなLa Forceが新しく再開した特別記念の数秘講座のご案内です。