体は自分の声なのに

最近の天氣は本当にご機嫌がわからない。


ここ数日、天の氣に敏感な私は

眠氣と体調の急激な変調に戸惑っています。


氣温差と氣圧差


特に氣圧の差が一番こたえています。



でもこれは当たり前。


だって。人間だって動物ですから。


自然の一部の動物ですから、

天氣や

自然の変化に

一緒に変化するものですよね。



だけど、人間は

服を着たり

エアコンをつけたりすることができて

何も手を加えない

自然のままの自分の体の状態(フラットな状態)を

ほとんど知らない。


だから急激な自然の変化についていけない。



動物的勘(第六感)などを

しっかりと鍛えるためには

自然に沿った生き方をすることが一番。



自分の体なのに

自分でわからない。


そんなことが多くなっている現代。


ちょっと自分に振り返って体をもう一度見直してみたいと

本当に思います。



そして、こんな風に

天氣で動きたくない

だるいならば

動かないで

のほほんと暮らしてよし!といたしましょう!


こんな時期は無理をしすぎず

背伸びしすぎず

自然に任せて行きたいですね。


こんな話をパートナーと楽しく語っている10分番組

楽しく聞いてください。

0コメント

  • 1000 / 1000

ありのままに生きる

スピリチュアルカウンセラー スピリチュアルコーチ La Force(ラフォース)の公式サイト